刊行点数の多いライトノベル作家 (2013-2018年)

以前の記事の2013-2018年版です。最近の状況がどうなっているのか知りたくなったのでまとめてみました。元々は「速筆ライトノベル作家」という記事タイトルでしたが、ウェブの書籍化も増え、執筆した時期と刊行した時期が異なっていることが多くなってきたの…

平成に刊行のライトノベルレーベル一覧(男性向け)

平成も終りとなりました。今回は平成に刊行した男性向けライトノベルレーベル一覧を取り上げてみます。 文庫 ソノラマ文庫(~H18/02) ソノラマ文庫NEXT(H10/10~H12/04) 角川スニーカー文庫 富士見ファンタジア文庫 ネオファンタジー文庫(H2/12~H4/08…

個人的ライトノベル10大ニュース(2018年)

今年もそろそろ終わりなんで、今年あった出来事を振り返ってみました。 今回も新刊情報サイトの管理人としての視点でまとめました。 特定のジャンル専門のレーベル登場 今年もラノベレーベルが創刊しました。特徴づけるためか、いつくかのレーベルは特定のジ…

個人的ライトノベル10大ニュース(2017年)

今年もそろそろ終わりなんで、今年あった出来事を振り返ってみました。今回も新刊情報サイトの管理人としての視点でまとめました。 リンダパブリッシャーズ、刊行停止 レッドライジングブックスを刊行しているリンダパブリッシャーズが事業縮小に伴い、9月以…

個人的ライトノベル10大ニュース(2016年)

今年もそろそろ終わりなんで、今年あった出来事を振り返ってみました。 そのままでは他と同じようになるので、新刊情報サイトの管理人としての視点でまとめました。 1. 電撃文庫・ヒーロー文庫、ネット書店への登録が早まる 以前、電撃文庫はAmazonに登録さ…

出版月報 2015年3月号「特集 2014年文庫本マーケットレポート」ライトノベル関連

去年も書いたので、引き続き。自分用メモ。 ライトノベル市場 ●前年比10.0%減、2年連続のマイナス 急成長を続けてきたライトノベルだが、14年の販売金額は前年比10.0%減の225億円規模と2年連続で大幅減少となった。 14年の売れ行き上位作品は、前年も人気だ…

レーベル別・ラノベ作家の他レーベル活動開始状況(2012年〜2014年)

昨日の続き、2012年〜2014年分です。2014年は8月までと新潮文庫nex9月刊の刊行予定も含みます。以下の内容は、レーベル第一弾の刊行月,著者名,今まで刊行したレーベル一覧です。 2012年 (74名) 電撃文庫 (1名) 09月 赤松中学|MF文庫J 富士見ファンタジア…

レーベル別・ラノベ作家の他レーベル活動開始状況(2009年〜2011年)

昨日の続き、2009年〜2011年分です。以下の内容は、レーベル第一弾の刊行月,著者名,今まで刊行したレーベル一覧です。 2009年 (72名) 電撃文庫 (1名) 10月 牧野修|ソノラマ文庫、ログアウト冒険文庫 富士見ファンタジア文庫 (1名) 04月 田口仙年堂|ファ…

レーベル別・ラノベ作家の他レーベル活動開始状況(2004年〜2008年)

昨日の続き、2004年〜2008年分です。以下の内容は、レーベル第一弾の刊行月,著者名,今まで刊行したレーベル一覧です。 2004年 (34名) 電撃文庫 (2名) 10月 川崎康宏|富士見ファンタジア文庫、ファミ通文庫 12月 三田誠|富士見ミステリー文庫、富士見ファ…

レーベル別・ラノベ作家の他レーベル活動開始状況(2000年〜2003年)

今回は、別のレーベルからの移籍(引き抜き?)状況を調べてみました。同一出版社からの移動(スーパーファンタジー文庫→スーパーダッシュ文庫・コバルト文庫,角川ティーンズルビー文庫→角川ビーンズ文庫 など)はや原作付き・共著は除外しています。以下の…

Amazon専用ISBN

自分は某所で新刊情報サイトを運営しており、手動で各所から取得したISBNを元にマクロでAmazonリンクの作成を行っています。が、何故かリンク作成に失敗する書籍があり、よく見てみるとISBNが違っていました。それは以下の4作品で、他の書店サイトでは用いら…

出版月報 2014年3月号「特集 2013年文庫本マーケットレポート」ライトノベル関連

去年も書いたので、引き続き。自分用メモ。 ライトノベル市場 ●初の前年割れ 右肩上がりの市場拡大を続けてきたライトノベルだが、13年の販売金額は前年比12.0%減の250億円規模と大幅な減少となった模様だ。当研究所がライトノベルの市場規模の観測をはじめ…

角川グループ再編によるISBN変更

2013年10月、「株式会社KADOKAWA」は、アスキー・メディアワークスなど9社と合併いたしました。それによって、電撃文庫・富士見ファンタジア文庫・富士見ドラゴンブック・MF文庫JのISBNが旧出版社コードの書籍の増刷分(?)が変更しています(ファミ通文庫…

ライトノベル作家の一般作刊行(2013年版)

以前の「ライトノベル作家の越境状況 - Matsuの日記」の2013年版です。今回はちょっと条件を変えてみます。 ライトノベルレーベルでデビューしている作者を対象とする。 一般とは、ライトノベルレーベル,児童書レーベル以外とする(講談社ノベルス,ハヤカ…

出版月報 2013年3月号「特集 2012年文庫本マーケットレポート」ライトノベル関連

誰かがまとめてくれるのを待っていたが見かけないので、自分用のメモとして。 販売・発行状況 2012年の文庫本(コミック文庫を除く)の推定販売金額は前年比0.5%増の1,326億円。2年連続のプラス成長、12年の書籍各部門のなかで唯一の前年超えとなった。推定…

多担当ライトノベルイラストレーター

以前の「速筆ライトノベル作家 - Matsuの日記」,「速筆ライトノベル作家 (2010-2012年) - Matsuの日記」を記事にした分のイラストレーター版です。複数のイラストレーターが担当している作品は除きます。新装版に関しては旧版とイラストレーターが同じ場合…

電撃文庫の電子書籍化状況

最近、ライトノベルの電子書籍化が活発に行われるようになったように感じますが、最大手の電撃文庫はあまり熱心ではないようです。そこで、BOOKWALKERに登録された電撃文庫を配信開始日順に並べてみました。 2011/08/10 鎌池和馬:とある魔術の禁書目録 1-22…

速筆ライトノベル作家 (2010-2012年)

【速筆ライトノベル作家 - Matsuの日記】の2010-2012年版です。 前回同様、小説の単著のみ。共著は除きます。新装版は除いてますが、初出が雑誌掲載やオンライン小説に関しては判断が難しいので加えています。BLに関しては除外しています。 例外として、橙乃…

ベストセラー作家は電子書籍が嫌い?

オリコンで2012年の年間ランキングが発表されました。 ここで、文庫・作家別TOP10は次の通りです。 http://www.oricon.co.jp/entertainment/ranking/2012/bookrank1203/index08.htmlこれを見て気になったのが、この方々はあまり電子書籍のランキングで見かけ…

電子書籍ストアの検索機能

前回のライトノベル登録数を調べた時に、PCより各ストアの検索機能を使ったのですが、色々気になった点があったので取り上げてみました。 BookLive! 検索結果がシリーズ単位で、商品単位で全何点あるか分からない。 シリーズの纏め方が不十分。「フルメタル…

電子書籍ストアでのライトノベル登録数

ついに、アマゾンもKindleストアをオープンし、電子書籍ストアも出揃った感じがあります。今回は各電子書籍ストアで、どれだけの作品が電子書籍化が行われたかレーベル単位で表にしてみました。以下の表の数字は、ストアで登録されているレーベルごとの刊行…

「オリコン 2012年上半期書籍市場レポート」によるライトノベル市場

3.文庫部門 ○ライトノベルの好調が下支えし微減に押しとどめる (中略) 文庫部門は今期売上額は632.4億円で前年同期比は98.5%と微減に終わった。 (中略) またライトノベル市場は比較的安定した状況で、今上半期での売上規模は83.8億円。BLやノベライズ…

ライトノベルの電子書籍化状況

【ネタ元:夏アニメ2012の小説・漫画を電子書籍で読んでみよう:見て歩く者 by 鷹野凌】 上記ネタ元のサイトで夏アニメ原作の電子書籍化の状況が取り上げられていました。そこで、ライトノベルの電子書籍化の状況はどうなんだろうかと思い、調べてみました。…

2012年上期AA実績

半年毎の報告。 2012年上期に、うちの本家経由のAA実績で書籍のベスト20です。 1位:(117冊) 佐島勤「魔法科高校の劣等生 (5) 夏休み編+1」 伏見つかさ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない (10)」 3位:(105冊) 川原礫「ソードアート・オンライン 9 アリシゼ…

ラノベ作家生年一覧(少年向け)

今回はラノベ作家の生年の一覧です。ソースはWeb NDL Authorities(国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)、wikipedia、およびファミ通文庫・スーパーダッシュ文庫の新人賞のプロフィールです(MF文庫Jの場合は年齢は載っているのですが、いつからか…

ラノベレーベル別書籍価格帯

2011年のライトノベル市場は274億円と推定され、まだまだ伸びしろのある成長市場だ。 販売部数で言うと、文庫全体の推定販売部数が2億1,229万部なので、ライトノベルだけで約5,000万部ということになります。 文庫全体での推定販売額が1,319億円というデータ…

7周年

5月22日で本家サイトが7周年を迎えました。 毎年の恒例行事なので書き込み。よく続いてるなあ。いつになったら引退できるのやら。 今回の書き込みが遅れたのは、honto(+バリューコマース?)のせい。 bk1が5月17日にリニューアルして、hontoになっています…

hontoの書籍のURL

5/17に「オンライン書店bk1」は、電子書籍販売サイト「honto」とひとつのサイトになって、ハイブリッド書店サービス「honto」にリニューアルされました。そこで、リニューアル後の書籍(ネットストア)のURLについて調べてみました。なお、以下は△△△△◯◯◯◯は…

紀伊國屋書店の2011年度ランキングのラノベ

ネタ元:紀伊國屋書店の2011年度ランキングの少女小説 - 主にライトノベルを読むよ^0^/ 上記のネタより、少年向けラノベを含めたランキングはどうなるか調べて見ました。 紀伊國屋書店BookWebの和書詳細検索にて、分類を「文庫」,表示件数を「100件」に…

2011年下期AA実績

半年毎の報告。 2011年下期に、うちの本家経由のAA実績で書籍のベスト20です。 1位:(121冊) 佐島勤「魔法科高校の劣等生 (3) 九校戦編 」 2位:(93冊) 佐島勤「魔法科高校の劣等生 (4) 九校戦編 」 3位:(92冊) 鎌池和馬「新約 とある魔術の禁書目録 (2)」 …